人生反省記Vol.2

馬鹿は馬鹿なりに。http://blogs.yahoo.co.jp/imutan813

部長

先日部活動の主将としての役目を終えた。

とても辛い一年だった。

私が部長をやりたくなかった理由は2つある。それはやり始める前も、やっている最中も、そしてやり終えた今も変わらない。

①リーダシップがない

②うまくない

一つ目はどうでもいい。面倒くさいからとかだれだれが嫌いだからとかそういうレベルの話と変わらないからだ。適性がないというのは一言で片づけると簡単なことだが私は物事をその一言で片づけたくない。向いていない人間だからこそできることがあるとこの一年で思ったことも多い。例えばリーダーシップなどあったら自分の方向性を見誤り突き進み続けるかもしれない。それが根拠を持った確固たる方向であれば構わないのかもしれないが、そんなものを持っている人間はそうそういない。そんなことをを自ら言う人間は大体が自分は適性がある"と思い込んで"いるだけで、そのずれた方向性を突き進み続ける性分を"リーダーシップがある"と勘違いしているだけであるように見える。そんなリーダーシップならいらない。

そういうわけで、今振り返るとリーダーシップがないことで無駄なプライドを持て余すこともなく活動できたと思うので、自分に対して後悔はない。むしろ、様々な人々に対して"適性がない"という一言で片づけるな、あるいは"適性がある"などと勘違いするなと言いたい。

 

二つ目はどうしようもなかった。ここまでサラサラと文章を書いてきてここで筆が全く動かなくなるくらい、どうしようもなかった。うまくなる努力を怠った自分が悪いと言ってしまえばそれで全てなのだが。もし部活が「中国研究会」だったならば、喜んで引き受けただろう。部活のトップでい続けようと勉強し続けただろう。もちろん楽器をうまくなりたくなかったわけじゃない。1,2年の時部活に対して気持ちがどうしても動かなくて。高校時代全くやってなかったから。経験年数も多くないし……何を言っても全て言い訳になるから言いたくない。いずれにせよ、自分が下手なのは分かっていたし、それが部長をやるにおいてずっとネックになるであろうことも分かっていた。

自分が部員だったら下手くそなトップにはついて行きたくないし、許せない。だからこそ嫌でしょうがなかった。他人に醒めた目で見られるのなんかどうでもよかった。自分の中で、下手くそな部長は嫌だった。だけど、自分しかいなかった。相談できる相手もいなかった。「人がいないからって安易に引き受けなくてもいいんじゃない?」「そんなにつらいならやめてもいいんじゃない?」外の人間には色々言われた。安易に引き受けたわけじゃない。”いい経験になりそう”くらいの気持ちで引き受けていたらやめていたと思う。つらいからって簡単にやめていいものじゃない。だけど、自分を犠牲にしてまでやるべきことなのか、ずっと問い続けていた。恥ずかしいことながら、他の同期に対して、羨ましいとか、ずるいとか考えてしまったことも何度もあった。彼らが部長をやればいいのにと。好き勝手言う後輩たちに辟易したこともいくらでもあった。絶対にやめない、諦めないとは決めていたし、幸いなことにギブアップ寸前まで追い込まれたと感じたことはなかったけれど、慢性的に自分の無力さと存在意義を感じながら様々な仕事をしていたことに間違いはない。自分がいなくても部活は成り立つけど、エースが一人欠けたら大きな損失だから、大切にしないと。実力のある者は発言権があるけど、私はないのだから意見は恐らく正しくないだろうし、控えないと。それらの感情を自分の中で押し殺すほかなかったのは本当に辛かった。自分の気持ちにきちんと整理をつけて部活の運営に励んでいても、やっぱり悔しかった。今考えても悔しい。部長職を頑張るということは何か結果を得られることじゃない。誰かに褒められるわけでもない。尊敬されるわけでもない。どんなに陰で汗水を垂らして働いても、称えられるのはいつも表舞台で華々しく活躍する者たちだ。綺麗だね。かっこいいね。演奏会が終わり自分の周りが称えられる中、それは自分に向けられることはない。はじめから全て分かっていた。分かっていてそれでも引き受けた。だから誰を責めることもないけれど、だから尚更辛かった。

それでもやめないでなんとか乗り切ってみせようと思えたのは、半分くらいは自分の意地とプライドというものが一応あったからに違いない。それは素直に自分を褒めてあげたい。けれども、意地とプライドだけだったら恐らくどこかで気持ちが折れていたかもしれないとも思う。

残りの半分は、部員が楽しそうに演奏する様子や、出来ていなかったところが出来るようになっていく様子を見られることだった。今回の演奏会でも、「ありがとう」と言われるよりも(そんな人はほとんどいなかったけどw)「たのしかった」と言われる方が嬉しかった。ああ、こんなに楽しそうに演奏するんだもんな、しょうがないよな。もっと楽しそうに演奏している姿見たいもんな。誰々、うまくなったなぁ… こっちも頑張ってみるか。って嘘みたいな話だけど本当。

当たり前だけど音楽の楽しみは演奏することだけではなく、誰かが演奏している姿を見ることにもある。私は他人に対して羨望の感情が強くなってしまった時、そのことを忘れてしまっていたのかもしれない。一番大切な、音楽が好きという気持ち。誰かが楽しそうに演奏するその姿を間近で見られることも、一つの楽しみであり音楽に対して感じる幸せの一つなんだなと教えてくれた。そして部長としての大きな原動力となった。

これからも個人的に音楽は何らかの形で続けると思うけれど、社会人になったら団体に所属せず個人で続ける可能性の方が高いと思う。でももし、団体に所属したとしても、あるいは個人で続けるにしても、"楽しむ"こと、"好き"であることを一番大事にして音楽に関わりたい。周りの人にも自然とそれが伝わるものだと自分が身をもって体感したからだ。

もしこれを読んでいる人がいたら、その人にも伝えたい。何よりも音楽を楽しむことを忘れないで欲しい。それが音楽に対する一番の恩返しだし、音楽を楽しんでいるあなたの姿に救われるものもいるのだと。

そんな大切なことに気付かせてくれた素敵な仲間たちと、素敵な音楽に感謝して。

1年間ありがとう。