人生反省記Vol.2

馬鹿は馬鹿なりに。http://blogs.yahoo.co.jp/imutan813

コンプレックスと向き合う

自分を占めている要素をふたつあげるとすれば、「好奇心」と「コンプレックス」だと即答できる。

好奇心はもうそのままだ。新しいことを見たいし聞きたいし知りたいし嗅ぎたいし感じたいし学びたい。勉強も、やる気のある時はほんとうに楽しい。やる気のないこととときは全くやらないので、実は勉強は楽しい。基本的に何でも大好き。好奇心の湧かないことは苦痛。だから反復演習とかが嫌いで、興味がとっ散らかって大成しないタイプ。知ってる。

好奇心とコンプレックスが占める割合はときによって違うけど、こんな記事を書くくらいなので今は2:8くらいだ。

自分のコンプレックスに対する悩み事はほんとうに多くて、自分が嫌いすぎて反吐が出る。自分のことが好きになりたいし自信も持ちたいけど、まあ無理だよね。理由はあとでいうけど。

自分が初めてコンプレックスを意識し始めたのは実は18歳とかそんなんで、それまでは感じたことがなかった。あまりにコンプレックスという感情を覚えたのが遅すぎたのもいまこうしてコンプレックスに苛まれている原因なのかもしれない。高校卒業まで大きな挫折もなく、幼少期から学童期はなにをやっても他人より優れていたし、色々褒められまくりだったし、中学校も成績優秀だったし、優秀な友達とも張り合えていたのでコンプレックスを感じるまでに至らなかった。何を間違ったか進学校に入学してしまったのが間違いだったんだと思う。出身校を自称進学校という人もいるけど、わたしの目には少なくとも立派な進学校に映る。いまは。当時は、脳みそのとろける3年間を過ごしたため、ほぼ無の状態で、多少本を読んでいたくらいで全く勉強しなかったがゆえに、コンプレックスなど感じなかったし、いくら成績が悪くても、自分がいる高校に対する信頼とプライドにより大手を振って毎日生きていた。

 

 

 

 

 

つらくなってきたしそのうちつづきかく