人生反省記Vol.2

馬鹿は馬鹿なりに。http://blogs.yahoo.co.jp/imutan813

室内

もう一つの部活動、室内楽部について書かないままにGWを終えてしまった。

(ちなみにGWだったり本新歓があったりでどちらも全然部活をやっていなくて欲求不満。GW自体は楽しかったけど)

 

というわけで、コンサートの感想など交えつつ。

小学校の課外活動でヴィオラ(ヴァイオリンの少し大きいやつ)、中学校の吹奏楽でフルートをやったことがあるので、こちらは陸上に対してさほど不安を感じていない。音楽に対する実力はともかく愛ならばずっと強く感じているからだ。

ついでにうちの大学の室内楽部は先輩も仰っていたし入学式の演奏からもわかるように割と「大したことない」(大口叩きです!いや、先輩も言ってたから!)。

機会があれば校外の市民オケであったりそれに準ずるものに入れたらとは思うけれど、オーケストラ演奏者としてはドのつく初心者なので、まずは学校の部活動に精一杯貢献できたらと思う。

とはいえ、ぶっちゃけフルートもヴィオラも3年かそこらしかやってないし多大なるブランクがあるので、当面はそれを最高時に戻していくことを目標としたい。

大学でオケをやることが夢だったので、兼部させてくれていることにも感謝して頑張らないと。

 

そしてもうひとつ。大学生の沢山の自由な時間を活かして、暇があればたくさんの音楽を聞きたい。生オケを浴びたい。自分でもちょいちょいネットなどで探したりはしているのだけれど、学校や近所の文化祭、定演やコンサートなどあれば是非教えて下さると嬉しいです。往復賃+入場料≦2500円ならどこでも飛びます。

 

早速だが、去る4/29に、所沢にある市民ホールミューズにてアマチュアオケのドラクエコンサートがあったので聞いてきた。なんと無料である。

まとめて書かせてもらうと、これがプロとアマの違いなのか…と結構落差を感じる演奏だった。勿論うちの大学の室内楽なんかよりはずっと上手だし、各々の演奏者の中にはプロ顔負けなソロを奏でてくれた方もいてとても良かったのだけれど、オケ全体としては金管木管と弦がそれぞれ浮いて聞こえるというか、まとまって聞こえなかった。(もしかしたら、木管はみんな上手で金管はみんなちょっとアレでコンマスもちょっとアレだったのでそういうのも関係あるのかもしれない)

アマチュアオケの演奏というものをほぼ初めて聞いたので、あるいはこのバンドは滅茶苦茶うまいのかもしれない。けれども、いつもCDで聞いたり生で聞いたプロとは全然違った。当たり前だけどプロって凄いなと思った。。。

プロとアマの違いって何なんだろう?

セクション毎に浮いて聞こえたあれは何が原因なんだろう?

色々不思議に思って、もっといっぱいアマオケが聞きたくなった。

今度同期(なんとこの部の同学部の新入生は20歳,20歳,27歳の三人である)にも聞いてみよ。

映画の演出家や漫画家を目指す人間はいい映画じゃなくて悪い映画を見まくれとはよく言われるものだが、同じように、上達したいと思ったらアマオケを聞くのがいいのかもしれない。

今は耳を満たしたくてたまらないです。よろしくおねがいします。以上長文失礼しました。